使い手の工夫次第
 昨晩(2010/08/19 ・ 21:00~23:00)は日本ツイッター学会の設立記念シンポジウムが開催されました。

 会長は言いだしっぺの樋渡啓祐市長です。



 会場には200人位の参加者が集まっているのでは無いかなと思います。



 県内は勿論、県外からも大勢の方々が駆けつけていました。

 聞いた範囲で一番遠いのは、東京からいらっしゃた方もいました。

 日本ツイッター学会に魅かれて、集まってきてんでしょうね。

 これがTwitterの力なんですね。

 その模様はUstreamでも生中継されました。

 Twitterもネットワークが発達する中で生まれたサービスの一つです。

 過去のも色々なサービスが生まれ、爆発的は人気を集め、そうして消えていきました。

 Twitterも何時は廃れるでしょう。

 ただ、Twitterは今までの物とは違った感じがします。

 それは不完全さとでも言うか、最初から完璧を求めていないのです。

 過去のサービスがユーザーの要求を満たそうと、色々な仕掛けを組み込んできました。

 しかし、ユーザーは作り手の思惑を超えた使い方をするものです。

 逆にそれが爆発的な人気に火を付けたりした。

 Twitter場合、ユーザー側に使い方を丸投げした感じがします。

 そこが現代人の「強すぎるつながりは疎ましいが、孤独には耐えられない」と言った感覚にマッチしたのではないでしょうか。

 本日のイベントは、マーク・グラノヴェッターの提唱した「弱い紐帯の強み」を実証する様な出来事です。

 あっそうそう、シンポジウムの最後に「日本ツイッタ一学会設立宣言」読み上げられていましたね。


日本ツイッタ一学会設立宣言(案)

私たち日本ツイッタ一学会は、ツイッタ-(twitter)が国民一人一人の生活に広く浸透することにより、日本国民が平和で幸せになるために、次のことを実行します。

1. 学会の会員1万人を目指します。

2.ツイッターの意義などを議論し共有する場として、毎年、武雄の地において学会シンポジウムを開催します。

3.学会のシンクタンクとして、日本・アジア・ツイッター・アカデミー(NATA)を設立します。

平成22年8月19日
日本ツイッタ-学会(@TSJ2010)会長
樋渡啓祐(@hiwa1118)

[PR]
by paas99 | 2010-08-23 17:04 | ソーシャル・キャピタル


<< シニアと侮るなかれ! 日本ツイッター学会 >>