<   2007年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧
佐賀県ではありませんが
ブログ活用学校新聞プロジェクト、産学共同で開始--情報リテラシー向上狙う

シックス・アパートと中央大学総合政策学部松野良一研究室は、小学生の情報リテラシー教育促進を目的とした「新聞ブログ・プロジェクト」を共同で開始する。
実際の取材活動を通じて小学生が記事を執筆し、新聞を制作する体験を通じて、世の中のニュースに関心を持ち、自分の目で真実を見極められるような教育支援を行うことが目的。同時に、PCやソフトウェアの理解、および操作の習熟を促進するのが狙い。
さらに、ブログの持つ更新の簡便さと双方向コミュニまたケーションの容易さを活用し、地域や父母との関係強化だけではなく、地域を越えた小学生同士のコミュニケーションの実現を目指す。

今回のプロジェクトの一環として、沖縄県の北谷町立浜川小学校、および南城市立大里北小学校において実証実験を実施。両校の生徒がソフトを活用し、実際に学校新聞を作成し、精神面およびスキル面の両面において、情報リテラシー教育の効果が得られたとしている。

これは単にパソコンを操作する事だけでは無く、実際に人と会話が必要な所が素晴らしい。
リアルなコミュニケーションとITスキルをバランスよく向上させる事が出来る。
ITはコミュニケーションを広げる為の、便利な道具に過ぎない。
また小学生の段階で実施する意義は大きい。

※CNET Japan 記事URL
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20346134,00.htm
[PR]
by paas99 | 2007-03-30 23:35 | 地域情報化
佐賀県の地域SNS「ひびの」
佐賀新聞社が主催する、地域SNS「ひびの」。
SNSでは独自のシステム採用し、現在子育て中のママさん会員が多数を占めるほのぼのサイトです。
会員数は約4,600名(2007/03/30)で、佐賀県を中心に会員数を増やしたいます。
他に長崎新聞との関連で、長崎にも支局があります。
宜しかったら、参加を( ̄人 ̄)オ・ネ・カ・゙イ♪ヽ(* ̄〓 ̄*)ノ^☆ブチュゥゥ♪


◎「ひびの」の登録システム説明

ひびのコミュニティには、SNS(ソーシャルネットワーキングサイト)の仕組みを導入しています。SNSでは、必ず誰かの招待メールから会員登録できるというのが約束事になっていて、会員になると自分の友達一覧に招待メールをくれた人が、友達として表示されることになります。

ひびのは、完全招待制(参加者からのメールだけが有効)ではなく、新規登録ができるようなシステムにしています。ただし、招待メールは、佐賀新聞のマスコットキャラクター「ぺーぱくん」から届くことになります。

※登録ページ
 https://www.saga-s.co.jp/page_o_public_invite
[PR]
by paas99 | 2007-03-30 23:22 | 地域情報化
地域情報化への出発点
 私が地域情報化に関わった出発点です。
 2006年11月22日に、ITを利用した地域情報化を推進する目的で開催される「地域情報化フォーラムinSAGA」(日本経済新聞社主催、共催・佐賀県、特別協力・佐賀新聞社)と、翌23日に「地域情報化デザイン佐賀2006」(主催・県、佐賀新聞社)開催されました。
 このイベントに参加した事が、全ての始まりでした。


 2006年11月22日(水):ホテルニューオータニ佐賀

   ◎「日経地域情報化大賞2006」授賞式
   
   ◎地域情報化フォーラム in SAGA(地域情報化大賞記念シンポジウム)
     
     ▼基調講演
      「県民満足度向上には情報発信力強化が不可欠」
                  古川 康 佐賀県知事

     ▼「日経地域情報化大賞」受賞者トークショー

     ▼パネルディスカッション
      「引き出せ地域の力~コミュニティ・パワーを全開しよう!」

     ※関連記事URL
       http://www.nikkei.co.jp/riaward/index.html


 2006年11月23日(木):佐賀城本丸歴史館

   ◎内  容:「佐賀から明日の地域情報化の方向性を発信します!」をテーマに、22日の
          地域情報化フォーラムの報告のほか、地域情報化のの方向性や課題、
          佐賀が果たせる役割などについて、参加者を含めて討論する。
          司会は慶応義塾大学環境情報学部専任講師・飯盛義徳氏。当日参加できる。

     ▼地域情報化 佐賀宣言2006
      -佐賀から始まる・佐賀から始める-
        もやいは佐賀から
      
     ※佐賀宣言URL
       http://www.saga-s.co.jp/declaration_of_saga.html#top
[PR]
by paas99 | 2007-03-30 22:38 | 地域情報化
「sagaBizCafe‐佐賀ビズカフェ」始動
佐賀の人々が繋がる、佐賀から世界へ情報発信するために、まずは集まりましょう!
堅い事は抜きにして、地域の為にヤリタイ事から話しましょう。

2007年3月25日、「sagaBizCafe‐佐賀ビズカフェ」を立ち上げました。

公式HP:http://bizcafe.exblog.jp/

 ここにくれば、同志がいて、何か相談できて、何らかの情報交換が出来て、ときには勉強会なんてものもして、さらには夢を語れるような場所です。
 皆さんがやりたい事、お一人お一人のパワーが集まる事により、地域の為に何か出来るかもしれません。
 また、何らかの情報発信ができるように、災害・犯罪情報も含め、BizCafeから地域情報を発信することもできるかもしれません。
 地元で活動する音楽家や芸術家などの作品をローカルから世界へ発信したり、地域情報を市民へ発信することにより、地域文化の向上に繋がるのかもしれません。
 これら、市民参加型の情報発信基地、交流スペースを醸成し、佐賀の地域づくり、発展に寄与できるようsagaBizCafeにご協力ください。
[PR]
by paas99 | 2007-03-28 19:14 | 地域情報化
障害者プロレス FORCE
チャレンジドの方達のスポーツです。
興味がある方は、ご観戦下さい。

※障害者プロレス FORCEのURL
http://www.force-hp.com/
[PR]
by paas99 | 2007-03-26 15:02 | 地域情報化
平田(昏君)です。
sagaBizCafeキックオフ

トラックバックお願いします。
[PR]
by paas99 | 2007-03-26 14:42
NHKデジスタに佐賀から2作品ノミネート
デジタル・スタジアムはNHKがデジタル・アートの新しい才能に“発表の場”を提供し、応援していく番組です。
放送は、
 BS2 :毎週金曜日午前 0時00分~ 0時40分(木曜深夜)
 BShi:毎週日曜日午後11時00分~11時40分(再放送:金曜日午後4時00分~4時40分)

BS2 2007年04/05(木)24:00(BShi 04/06(金)16:00)放送分のテーマは「実験映像」です。
ここに全国から4作品がノミネートされました。
そのうち2作品が何と我が佐賀県から発表です。
本番では「佐賀は凄いね、何か秘密があるの?」というコメントも飛び出しました。
佐賀のアーティストは全国レベルなのです。
こらは誇りに出来る事と思います。

作品は、
 Ariko Media Project の作品「resource reconstraction」
 Ariko Media Projectは有田工業高校セラミック科,デザイン科の職員有志から成るデジタルコンテンツ作成を基にした地域連携プロジェクトです。

 山本 翔さんの作品「軽のレンタカー」
 山本 翔さんは佐賀大生です。

是非、佐賀の作品をご覧下さい。

http://www.nhk.or.jp/digista/index.htmlc0105722_2011193.jpgc0105722_20112931.jpg
[PR]
by paas99 | 2007-03-24 20:11 | 地域情報化
電脳共同体(サイバーコミュニティ)
電脳共同体(サイバーコミュニティ)

地域情報化とは
 ICTはただの道具です。
 本当に大事なのは人と人との直接の繋がりです。
 地域を情報化で活性化するには高度な技術も必要ないし、全ての人がパソコンを使える必要もない。
 情報を送受信することが出来る人が、グループの中に一人でもいればいい。
 その人がターミナルとなり、そこから輪を広げていけばいい。

10年後の理想

 或る地域内の全員が共有出来るコミュニケーションの場をネット上に作り、そこでの情報交換によって地域のあり方を協議したり、仕事の相談や協力者を募ったり、また趣味や余暇の仲間と交流できる場にしたい。
 そこではお節介な伯母さん、叔父さんが若いものに説教もする。
 ネットによってバージョンアップした村共同体、それが「電脳共同体」。
 これは昔から日本にある村社会の相互扶助や相互監視機能を強化する為に、道具として情報化技術を利用するもので、あくまで最終的な目標はリアルな人の交流。
 地域全体が一個の脳になった様な、地域人格を形成させる。
 また、その電脳共同体を核とて、外の世界との対話を行い、もっと大きな共同体を形成する。
 つまり超電脳共同体へと発展させたい。
 その結果、世代・業種・地域、またチャレンジド・健常者の区別無く、それらを越えた人の交流から、新しい仕事や文化を生み出し、地域を活性化したい。


理想完成への課題
 情報化は対話です。
 どうして田舎では情報化が進まないか。
 勿論インフラ整備の遅れもありますが、個人の意識の問題が大きいと思います。
 今までは情報はTV・新聞等で与えられる物で、それで不便無く暮らせました。
 しかし、今後の社会情勢は大きく変化します。
 それに対応するには、インタラクティブ(双方向)での情報交換が必要です。
 それなのに、その事を何となく感じてはいるが、情報は与えられる物だと言う、感覚から抜け出せないでいる。
 情報化は与えられた物を受け取るだけでなく、対話です。
 相手から情報を積極的に聞き出し、逆に相手に情報を提供する事が、真の情報化だと考えます。


課題解決への取組み
公営ネットカフェ
 先ずはパソコンアレルギーを無くし、興味を持ってもらう事から始めます。
 近年、小中学校への情報教育導入が進んでいます。
 しかし、実際小学生の設備は国語・算数の授業くらいで、それ以外の殆ど使われ方されていないと聞きます。
 その施設を使用されない土曜・日曜に利用します。
 管理上の問題はあるでしょうが、施設の有効利用にも繋がると思います。
 そこでは子供たちを中心に、開放した感じで自由にパソコンやネットを使わせる。
 ただし、インストラクターを置いて、パソコン使う上でのマナーやネット上のモラルを重点に指導する。
 そして何人かの子供に一人でもいい、祖父母や父兄の同伴を交代でお願いする。
 同時にその大人も教育するのです。
 その後、軌道に乗れば常設へと発展させる。
 利用者数が増えれば、遠隔地からネット使い双方向で、各種専門講師のよる実用または趣味の講習会を実施する。
 そうする事によって、情報化の有用性を大人にも広めていく。

情報バックアップ拠点
 現在、損害保険料率算出機構が出している日本各地の地震料率表によると、佐賀県は北海道、沖縄などと並んで最も地震による被害リスクの低い地域に分類されています。
 その佐賀県の中でも、玄海町は原子力発電所が有る事でも分かる様に、地震が少ない地域です。
 その特性を生かして「情報バックアップ拠点」誘致出来ないかと思っています。
 これによって情報関連企業の誘致も進め、唐津・東松浦地区の活性化が出来ないかと考えています。
[PR]
by paas99 | 2007-03-18 21:58 | 地域情報化
本日、Uプロジェクト記者発表
Uプロジェクトが正式に発足。
佐賀の地域活性化を情報化分野から進めたく、地域・業種を越えたグループです。
まだまだ具体的な活動内容は未定ですが、「佐賀県高校総体の動画配信」の中で出来る事をやって行くことから始めます。

佐賀総体の市民記者募集!!
市民記者がケータイを使った生中継で伝える佐賀総体ニュース
市民記者が、交代でニュースキャスターを担当
市民記者が、テーマをきめ、取材
[PR]
by paas99 | 2007-03-16 08:37 | 地域情報化
親友からのメール
深く考えさせられる物があったので、転載します。

社会の基礎・常識として、InformationTechnologyを学ぶことは、今や基本的教養となりつつあります。
社会の基礎を身につけるのが義務教育下の学校であるならば、本来的には小中学校で学ばなければならないことなのかもしれません。
しかし、それ以前に学ぶべきこともたくさんあり、物理的に不可能です。
教育の分担化は、錯綜する社会の中では最早無理。
大人が子供に対して、全ての責任を引き受け、それぞれの能力を補完し合わなければ、膨大になっていく課題には対処しきれません。
単独の機能が働くには、複雑に入り組んだ社会。
個人は、他人のテリトリーの隙間にしか、手足を伸ばせなくなっている程限りなく接着しているのかもしれません。
そこに生ずる問題においても然りです。
その考察を進めていけば、新たな課題としてのこの分野の教育を、地域が担うのも理にかなったことだと思われます。
見える結果の違いこそあれ、教育を、産業と置き換えても、生活と置き換えても核に部分は同じことでしょう。
その意味において、既存のテリトリーに囚われるのは、愚の骨頂。
現実無視、あるいは現実無知。
貴殿の提唱する事は、未だ手足を伸ばささず仕舞いになっている、自由の空間を知らしめることに他ならない。
これからは、ファンクションに目的を配分する(郵便の仕分け方式)のではなく、目的にファンクションをはめ込んでいく(ジグソーパズル方式)やり方が有益なのではないでしょうか。
[PR]
by paas99 | 2007-03-13 00:15 | 地域情報化