<   2007年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
次世代型公共サービス


単なるインフラ整備で終わらずに、末端の県民と行政との本当の意味でのコミュニケーション図るものとしての研究を期待します。

そのためには行政が、どんなに小さな事でも現場の意思を聞く耳を持つ事が大切です。

そして、その意思を可能な限り県政にフィードバック出来る様なシステム構築を、してもらいていですね。


※佐賀新聞(2007/10/19)

http://www.saga-s.co.jp/view.php?pageId=1036&mode=1&classId=0&blockId=669072&newsMode=article

IT生かした公共サービス探る 県と企業が共同研究

 IT(情報技術)を活用した次世代型公共サービスの確立を目指し、県は佐賀新聞社など県内外の企業7社と共同研究を始める。住所変更などの届け出をインターネットで一括処理できる総合窓口「地域サービスポータルサイト」の構築や、無線技術を活用した山間部へのブロードバンド(高速大容量)通信環境整備など4分野で研究し、実用化を目指す。

 電子自治体など行政が進めてきたIT関連のシステムは技術の進歩が目覚ましく、投資効果が測りにくいとされる。このため、県は今後取り組むテーマを公表し、その手法を公募する方式を取り入れた。県にとっては、より効率的で効果的なシステムを選択でき、企業側にとっても行政独特の実務上のノウハウを経験することで、今後の事業拡大につなげられる利点がある。

 「地域ポータルサイト」「無線ブロードバンド」「情報システムの資産評価」「最先端電子県庁システムの調達手法」の4テーマで8月に募集し、県内外から16件の提案が寄せられた。

 審査の結果、地域ポータルサイトはインターネットで「SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)」を展開している佐賀新聞社、無線ブロードバンドは佐賀デジタルネットワークなど4社、情報システムの資産評価と電子県庁システムは東京の企業が選ばれた。

 県は今後、各社と契約を結び、研究に着手する。県情報・業務改革課は「研究期間が来年度に及ぶものもあるが、できるだけ早く、方向性を出せれば」と話す。
[PR]
by paas99 | 2007-10-19 09:57 | 地域情報化
東京に行ってきました。
 10月7日(日)~14日まで第1回FIPFAワールドカップ2007(電動車椅子サッカーワールドカップ)が、BumB東京スポーツ文化館(夢の島)で開催されています。
 そのネット中継を佐賀総体の携帯電話中継で「チームU」がお世話になった、「NPO法人STAND」さんが行います。
 そのお礼に13日の準決勝・決勝のお手伝いに行ってきました。
 
◎第1回FIPFAワールドカップ2007公式サイト
http://web-jpfa.jp/wc/
c0105722_7582165.jpg

◎電動車椅子サッカーW杯・モバチュウ TOP
http://www.i-project.jp/stand/mobachoo/w-cup/


※追記

第1回FIPFAワールドカップ2007の事が、今朝のTBS「みのもんたの朝ズバッ!」ましたね。
決勝トーナメントでは4位になってしまいましたが、試合内容は格上のチームとの対戦で頑張り、惜敗と言って良い試合でした。
実はこの記者会見の模様は、私も報道関係者としてビデオ撮影をしていました(^∇^)
次の大きな大会は、2007年10月27日(土)・28日(日)の大阪で第13回日本選手権が開催されます。
この大会にも「チームU」からネット配信の技術スタッフとして1名参加させる予定です。
因みに次のワールドカップ開催国はデンマークだそうです。
日本チームのキャプテンの方の次の目標として、パラリンピックへの正式種目になることだそうです。

福岡でも電動車椅子サッカーチームを作ろうと言う動きがあるそうです。
そうなれば、九州では鹿児島に次いで2番目だそうです。
福岡の活動の代表者の方は、次のワールドカップに絶対に代表を1名以上出すと、目標を立てていらっしゃいます。
実はこの代表者の方自身、障害者プロレスや障害者マラソンの選手で、自分自身が日本代表になりたいと意気込んでいらっしゃるようです(^▽^;)
[PR]
by paas99 | 2007-10-15 08:00 | 電動車椅子サッカー
一寸、一息『電声塵語』
ネット上では、日々新しい言葉が生まれ続けています。
そんな電脳世界の見えざる声が塵の様に降り積もり、現実世界を狂騒せています。
それでは最近話題の幾つかの言葉を紹介します。

【アベする 】(作者:I.S)
 仕事も責任も放り投げてしまいたい心情の吐露。

【アサヒる 】(作者:未確認)
 捏造すること。
 事実でないことを事実のようにこしらえていうこと。
 ないことをあるようにいつわってつくりあげること。
 同義語【イシハる】

【フルタちる】(作者:トミーマーチ)
 主人に媚びへつらう、飼い犬の事。
 またそういった行為を指す。
[PR]
by paas99 | 2007-10-10 21:56
地域ITリーダー養成講座(第2回)を開催します
「地域ITリーダー養成講座」(第2回)~  佐賀から始める地域情報化  ~

http://www.pref.saga.lg.jp/web/tiikiitkouza.html

 ITを活用した様々な分野におけるサービスを作り出す地域IT リーダーの育成を目的として、地域ITリーダー育成事業「地域ITリーダー養成講座」(第2回)を 開催します。
 今回は、和歌山県にある特定非営利活動法人情報セキュリティ研究所の副代表理事である上原哲太郎さんに、和歌山県との協業によって展開されてきた自治体の情報セキュリティ確保、自治体業務の共同化、学校に対する情報セキュリティ教育、学校情報サーバの共同化、そして情報セキュリティ人材の育成など、さまざまな地域情報化活動について、紹介していただきます。

もうひとつは、渡嘉敷島の商工会のインターネット活用セミナーをきっかけにした島興しプロジェクトのお話です。

世界有数の透明度を誇る美しい海に囲まれている渡嘉敷島には、コンテンツの取材から作成・運営に至るまで、行政でも企業でもなく、すべて島の住民が行っている「渡嘉敷丸ごと喰いにこい」という島興しサイトがあります。

有限会社ウィンアンドウィンネットでは、このサイトの企画から立ち上げまでをボランティアでサポートしていますが、この講座では、サイト製作を担当した與儀千亜希さんに、プロジェクトの立ち上げから現在の運営状況、またネットショップをはじめとした様々なインターネット活用事例についてお話いただきます。

  ぜひ、この機会に先進事例などを題材とした「地域ITリーダー育成講座」に奮ってご参加ください。

               記

◆ 日 時: 2007年 10月20日(土)  13:30 ~ 16:00

◆ 会 場:    佐賀大学附属図書館会議室(4F) 佐賀市本庄町1

◆ 主 催:    佐賀県

◆ 共 催:    佐賀大学

◆ 受講対象者: 

 県内の自治体、企業、団体、CSO活動などにおいて、積極的にIT(情報技術)を活用したいと考えている方 であれば、どなたでも受講できます。

◆ 定 員:    先着30名  (受講無料)

◆ 申込方法:  別紙申込書に必要事項を御記入の上、平成19年10月16日(火)までにFAXしてください。     

◆ 申込先:  佐賀県情報・業務改革課  担当 江頭

           TEL (0952) 25-7035

    FAX (0952) 25-7299

※ 個人情報について

  ご記入していただいた氏名・勤務先・部署(役職名)等の個人情報は、 この事業の運営管理のために利用し、それ以外の目的には一切使用しません。 (第3者への提供もいたしません。)


-  プログラム  -

10月20日(土)

受付 13:00 ~

講演1 13:30~ 14:40 

『 地域情報化における官民協業~和歌山での事例から~ 』

特定非営利活動法人情報セキュリティ研究所 副代表理事 上原 哲太郎氏

(京都大学学術情報メディアセンター准教授)

(講演概要) 

和歌山県にある特定非営利活動法人情報セキュリティ研究所では、この5年ほどの間に、和歌山県との協業によってさまざまな地域情報化活動が展開されています。

この講座では、「自治体の情報セキュリティ確保」、「自治体業務の共同化」、「学校に対する情報セキュリティ教育」、「学校情報サーバの共同化」さらに「情報セキュリティ人材の育成」などについて、これまで行われてきた活動および今後進めようとしている活動について紹介していただきます。

講演2 14:50~ 16:00 

『 渡嘉敷島の島興し かめーかめープロジェクト』

~地域住民が自ら発信する地域情報「渡嘉敷丸ごと喰いにこい」~

有限会社ウィンアンドウィンネット Web製作部門担当 與儀 千亜希氏

(講演概要) 

世界有数の透明度を誇る美しい海に囲まれている渡嘉敷島では、島の商工会のインターネット活用セミナーをきっかけにして、この島は本当にいいところなので、もっと多くの人に知ってもらいたいという想いから、島興しサイトを作ろうと「かめーかめープロジェクト」がスタートしました。

 現在では、「渡嘉敷丸ごと喰いに来い」というサイトがコンテンツの取材から作成・運営に至るまで、行政でも企業でもなく、すべて島の住民で行われていますが、(有)ウィンアンドウィンネットでは、このサイトの企画から立ち上げまでをボランティアでサポートしています。

この講座では、プロジェクトの立ち上げから現在の運営状況など、またネットショップをはじめとした様々なインターネット活用事例についてお話いただきます。


関連リンク

 特定非営利活動法人情報セキュリティ研究所
http://www.riis.or.jp/

 島興しサイト 「渡嘉敷丸ごと喰いに来い」
http://tokashiki-island.com/
c0105722_2045033.jpg


 有限会社ウィンアンドウィンネット
 http://www.win-and-win.net/

佐賀大学公式ホームページ
 http://www.saga-u.ac.jp/
[PR]
by paas99 | 2007-10-01 20:58 | 地域情報化